テーマ:講習の風景

甲子園が終わる、そして受験生の熱い夏は続く

今年の甲子園は東北のチームの「頑張ろう東北」の旗を持った入場行進がありました。また始球式は被災地のチームが行いました。 練習ができなかったとうはあるでしょうが、試合になるとハンデはありません。部活をやっていたからと言って受験では何らハンデをもらえないのと似ているのかもしれません。 先日、中学まで通っていたI君が再度やってきま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

先輩が後輩に語る

志学では高校部がありますので、高校生が中学生に高校の案内をします。先輩の生の声を後輩に届けるのです。 本日は○○高校と先輩の休憩時間に合わせて話を聞きます。これも志学の伝統行事です。 本日はトップを切手文京高校。私が質問をしながら答えてもらいます。そのあと後輩からの質問に先輩が答えます。 私「先輩の通う文京高校はどこにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やり抜くこと<中3>

中3生はこの夏、中1の夏からのテキストを間違えの数を決めてやり直しました。 標準クラスは間違えの数10個以内。基礎クラスは50以内で各自の目標を決めてチャレンジしました。中1の夏くらい簡単に終了するだろうと考えていたスタッフは大慌て。 文法がわかっていないというより、ケアレスミスが多いためやり直しが続出しました。1冊を通して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の夏期講習の風景<高2>

鉄人です。本日は高校2年生の夏期講習の風景です。  4月から開始した「リードB英文法問題集」は、マーチレベルから国公立2次レベルの英文法力を培う練習問題中心の一冊です。この問題集を夏期講習で完成させました。しかも、学習した全範囲の復習としてA(高校基礎英文法問題集)のB問題(センターレベルの問題)を一冊分初めから最後まで通してもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習の授業風景<中3>

夏期講習も中盤。やれていることそうでないことが出てまいりました。整数のう句集はもちろんですが、前半は理科の基礎のマスターをすることに力を入れました。 薄い夏期講習用のテキストでは物足りませんし、さらりと流れて行く感じがしました。図がしっかりしてこれが基礎だというプリントを用意しました。 まずは、基礎的な図を見て言葉を確認しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習の風景<やり抜いて帰る小6編>

問題をやるまえから「無理だ、出来ない」と言う発言がでますともっとやってけることを用意します。弱音発言を失くすというよりもやれたということを実感してもらうことでしか解決できませんからそれを味わってもらうのです。 最近の傾向として、少し無理そうだと「全然無理だ、最悪」など軽はずみにマイナス発言をするのが気になって仕方がありませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習の風景<新中1・疲れないコツ>

毎年この春の講習は小学生から中学生になるための講習です。午後から夕方まで長時間にわたります。ここで中学での体力がついていくのです。部活になれない体にも勉強をやる体力、踏ん張りが出てきます。3日休まずに続いた諸君には、体力がついたねと話します。 漢字検定、算数検定、教科書の単語練習に加えて教科書の読み訳の予習。速読、それを繰り返すこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の抱負は?

あけましておめでとうございます。恒例の「たすき渡し」もおわり先輩から後輩に静かにタスキが渡っていきました。受験生は目標の通過点である入試に向かっていきます。一人ひとり記念の写真を撮りながらあの時の緊張感を思い出して凛とするときがあってもいいと思います。 たすきを受け取った諸君は思うはずです。来年は渡すほうになりたいなあと。それでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習風景<中3高校入試>

25日より冬期講習がスタートしました。大学入試組は朝から、中学、小学組は午後から。二期生のところもありますので本日は変則的です。中3は英熟語300.これまでやってきたことのブラッシュアップ。 やりぬいたもの、やり遂げた物を持って入試の会場に行こう。英熟語300は一つの伝統になっています。 声に出して覚えた。何度も書いた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more