テーマ:塾の方針

大学入試説明会

3月15日2F教室で行いました。お忙しい中参加いただきありがとうございました。高校部のスタッフと共に入試の動向、塾の方針、授業の進め方、終了以後に個人的にもお話をさせていただきました。 センターの動向、受験方法、塾の方針をお話しをさせていただきました。志学はセンターが滑り止め、受験スケジュールまで細かく作成し(手続き日)を考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センター試験終了。さあ次へ

長時間お疲れ様でした。特にヒアリング時に会場の不備で待たされた諸君、大変でしたがよく頑張りましたね。先日、「ちょっといい話4」で書いたO君から英語の筆記196点(200点中)のうれしい報告が入りました。 2日目の午後、O君から少し興奮気味の電話が入りました。やりました。やりました。と得点の報告がありました。 これでどこにも行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定期テストが終了すると講習モードに入ります

中3生は定期テストが終わるといよいよ受験モード最高潮になります。定期テスト終了者から期限付きの課題の確認。そして早くも講習テキストが配布さます。定期テストが終了すると講習テキストにいち早く入っていきます。全体的にも講習までに再度得意、不得意な点を確認し、コーチングを受けてもらいます。 各学年とも、担当講師が一人ずつ塾生と話を聴き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんで勉強するのだろう

11月3日中三は午後から理科の補習、数学を行いました。大学入試クラスは午前は理科、午後は英頻を行いました。そんななか一人の中学生とお話をしました。受験はまだ先なのになんで勉強するンのだろうか?という話に答えていました。 こういった根っこの質問は非常に大切です。塾に通う以上受験のためと考えるのは不思議ではありません。こんな話をしてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ち抜けるということ

土曜日、中3生は夕方英数等のテキストの答え合わせをし夜は入試問題をこなしました。数学の勝ち抜けを味わってもらいたかったのです。簡単に申しますと自力で解いて帰る。入試問題が並んでいますので即、国盗り(その県を最初に説いた諸君が自分の色でその県をぬります)ゲームにつながっています。 実は一番いい教え方は「教えないこと」なのです。自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己ベストを目指せ

先日8月の塾内模試(進研テスト)が帰ってきました。自己最高を更新した諸君が英雄列伝に選ばれました。中3Iくんの社会、中1Sさんの国語なんと前回と比べて19アップです。小学生は小4Aさんの国語14アップです。前回は春に行なっています。 偏差アップ者(自己ベスト更新者)は張り出しています。偏差値上位者も張り出しています。そうですみんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志学の進路指導<中学・高校入試>

9月は午前は学校訪問、午後は大学、高校、中学の個別路相談が続いています。春に皆様の方針を聞き、夏に学校訪問をした語本人お話し、再度9月に保護者様とお話をするのが志学ゼミの進路指導です。秋からは納得いくまでの進路相談がくり返し行なわれます。 中学、高校入試はまずはご家庭の教育方針。ご家庭の考えがまずあって、それに合う学校を考えるべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塾長へのアクノリッジ<大学入試クラス諸君、講師諸君、ありがとう>

9月21日夜半、大学入試クラスの受験生がぞろぞろと2F教室へ降りてきました。何かなあともいきやぞろりと並ぶではありませんか。そして手になにやら持っています・・・ 「25歳に誕生日おめでとうございます」とはにかみながら受験生のケンチャンが私にあるものを手渡してくれました。そうなのです永遠の25歳などといわれています。塾生の多くが私よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナル高校英語教材

何度か断片的に作ってきたのですが体系的にオリジナル教材を作り直そうかなと感じていたところでした。教材会社、映像会社にまずは話をしてみようかと考えました。7月のことでした。そしていつまでたっても返答無し。もちろんこちらからも問い合わせてみましたが。そこで・・・ はたして自分のところだけでいいものが作れるのか?悩みました。そして共同で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日ごとのアクノリッジ

志学ゼミでは誕生日ごとにその子のよさ、長所と思われるところをみんなであげてもらっています。あっと間に20個は埋められていきます。もちろんみんなの前で言われることに気恥ずかしさを覚える諸君にはおこないません。講師が記入したものを手渡しします。 誕生日ごとのアクノリッジはしっかり定着してきました。2度目となる諸君も多いかと思います。昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくらもみんなできなかった

毎月志学ゼミでは志学ニュースを発行しています。その中に先輩、友人の「ぼくらもみんなできなかった」というコーナーがあります。9月号は荻野先生にお願いしました。先日原稿を依頼していたT・K君がひょっこり顔を見せてくれました。 彼は来年度から地方公務員として勤務が決まっています。この原稿を書くにあたってそれぞれが自分の原点を書き記して欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は反省会

今日は各学年テスト。高校生は英頻の通しですね。この3ヶ月の仕上げですね。それをもとにさらなる3ヶ月の計画がスタートします。達成できたこと反省することは諸君同様に我々講師にもあります。それを踏まえてのコーチングであり計画の練り直しなのです。3ヵ月の目標には達成できた項目に判子が押されています。 毎月、その月にできたこと来月の目標を書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習<やりぬくまで・主役は君たちだ>

夏期講習は終了しましたが、予定が終わっていない諸君、休んだ諸君の補習は継続されています。中3は英熟語300.ひたすら暗記100.ノルマの数学113は終わらないと講習は終わりません。「やりぬく夏」が続くのです。大学入試クラスは理社の補講が続いています。 目の前に終了したものを置いてみる。そうして講習できたこと、8月の集中授業での目標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習の風景<一人一人の面接>

夏期講習の恒例行事として受験生の面接があります。担当講師と面接した後、担当甲学生を伴って私のところへ一人ずつ来てくれます。大学入試クラスは末次講師、荻野講師と面接した後塾長の私と話しました。中3は岩崎室長と話した後、私との面接となります。 何日かに及ぶ面接ですが毎年ひとりずつ話します。関東退会、部活、家庭の事情で面接できなかった諸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルマの数学

こんにちは、高校部数学担当の岩野です。 だんだん暖かくなり、日も長くなってまいりました。 先日、4階の教室をのぞくと末次先生が高校の数学用の教材を整理していました。 毎年夏が近づくと志学ゼミでは「ノルマの数学」という教材が作られます。 決められた期間の間に100問(正確には100問とちょっと)を解こうという企画です。 解く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう夏は始まっている<論理エンジン100スタート>

年間計画を元に授業は進められていますが、もちろん毎月の報告反省は欠かせないことです。6,7,8月の計画を再度練り直し「やりぬくこと」を用意しました。そして8月末には模試がこうなるというテーマが用意されました。 高一、二生はまずは6月10日の代ゼミ模試ですね。高三は各自で受けていますが7月29日に代ゼミセンター模試を塾内で実施します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それぞれの良さの発見

最近、学生講師諸君とよく自分らしさとはということについて話すことがあります。それを知るために自分の好きなことをマインドマップ方式で書いてもらっています。主観的に気が付くことからはじまって一般論へ。論文を書くことにつながりますね。 自分らしさって何?と聞かれてもなかなかすぐに答えられる方は少ないのでは? そこで自分の好きなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入試は子どもを伸ばすためで無ければならない

話好きの私の面接は一時間を越すことが多いのですが、学ばさせていただくことも多いのです。皆さんそうですが、何が何でも中学受験と考えていらっしゃるわけではないのですね。ただ周りがそういう風潮にある、お子さんもお友達との仲でそういった話になる。だからとりあえず受験を考えてしまう。そうして受験させようか迷いながら受験塾に通わせてみると・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出来るものを提供する。何かを得て帰ってもらう!

 こんにちは志学ゼミ講師のソワ☆です。  室長に続きソワも神田祭に行ってきました。  まあ、その話はおいといて…  国語の授業について塾長に報告したときの話です。  授業では古文単語テストなどもやっております。しかしながら、これがあまり良い結果を生んでくれません。どうにかモチベーションが上がらないだろうかと塾長に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中間テスト始まる<オリジナルノートの勧め>

一学期の中間テストが尾久八幡中からスタートしました。今週は文京九中、荒川九中と続きます。毎回のことながら各中学のテスト範囲を聞き5教科のテスト対策を行なっています。この間はテスト対策の諸君は全体とは別にテスト対策を行なっています。 しかし学校の授業日程から一日で5教科のテストをこなす学校がいくつかあります。日頃の学習計画がものをい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の教育セミナー<高一二年生の勉強方法>

毎月になってまいりました「教育セミナー」。5月12日には「高校一、二年生のための勉強方」についてお話をさせていただきました。ありがとうございました。セミナーDVD希望の塾生には無料でDVDを配布いたします。外部は有料とさせていただいております。あしからず。 保護者様と面と向かってお話しするのはいいですね。生徒の皆さんの顔をみながら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

声に出し、手を動かす<学習の基本・秘伝のたれ>

中高とも中間テストがある学校とそうでない学校に分かれていますが、連休中に理科社会のノート作りを課題としました。その上で問題を解きながらノートに加えて生きます。単なる暗記では3日ももちません。 連休明けから一人ずつ作ったノートを各講師がみて回りました。まとめかたはだいぶ慣れてきた中2、中3。初めてのことにとまどいながらまずは「手を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁故の中で生かされている。ありがとうございます。

先日掃除の件で説教をしたお子さんの保護者様より電話をいただきました。申し訳ありませんでした。ありがとうございます。といわれました。ぐっときました。こちらこそありがとうございます。 私はおもったり、感じたことをまっすぐに塾生諸君にぶつけることがあります。どうしても気が付いて欲しいと思うと矢もたていられなくなるのです。まっすぐに直球を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラスはチームだ!

先日読書ノートに参加せずに帰ろうとする高校生を呼び止めて掃除をして頂きました。他の諸君は読書ノートに参加したあとあたり前のように掃除をして帰ります。彼は言いました。強制ですか? 私は耳を疑いながら問い返しました。高校に通うことは強制ですか? 強制されないと僕はできませんと言っているようなものですが気が付いていないんだなあと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志学通心

毎月保護者の皆さまに岩崎よりメールにて送らせて頂いております「志学通心」にご協力頂きありがとうございます。今回は当塾で行なっております読書ノートについてお聴きすることにしました。 現在クラスによって内容は異なっておりますが、小学5年生から大学入試クラスまで毎回の授業で行っております。やはり内容のあるものを読んでいただきたいと考え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親子二代にわたる通塾、ありがとう

二十年を越える志学ゼミでは多くの先輩がいます。そうですね。お母さんになっている教え子諸君も多いのです。先日、ひょっこりある教え子(お母さん)が来られてびっくり。懐かしいやら嬉しいやら、お子さんそっち抜けであの子はどうしてるなんて話してしまいました。 現場をやらせてもらっている以上、塾生諸君とはパワーではまけません。先生いくつですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクノリッジは塾の方針でもあります

先日、あるクラスでの出来事でした。自分の良さが分からないと人の良さは分からないと思い、長所ノートを進め、コーチングでのアクノリッジ(みんなから本人の長所をいってもらう)ことを行なってきました。 自分の気が付かない長所があることを人によって自分が気が付く。気付かせてもらうことによって人へのいたわりが増すのではと考えていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分で自分の根を張ろう<受験は人生の通過点>                  志学ゼミ田端進学教室

夏期講習についての計画、練り直しが続いています。それは大筋のストーリーの上に6月の反省があるからなのです。 そのために、講師、生徒諸君から話を聴きます。6月の反省、7月の授業目標、講習の予定、そして8月末のサクセスストーリーに向けての大きな流れを再確認し、発表します。 私たちは大手ではありませんから、年間計画、3ヵ月毎の計画…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more