テーマ:高校生諸君へ

受験生心得~受験1ヶ月前~

 皆さんこんにちは。志学ゼミ国語講師のそわ☆です。今日は先週の予告どおり、受験一ヶ月前のすごし方の心得を、体験談と反省を踏まえて伝授したいと思います。  まず、最初に受験一ヶ月前の三原則から!  原則1 新しい教材は使わない!  原則2 勉強以外の事物は全て、徹底的にカット!割り切る!  原則3 受験向けの生活リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やったね。指定校合格<大学入試クラス>

大学入試クラスでおぶぎょうさま(ニックネーム)が高校内(小石川)の指定校が通りましたと報告がありました。全員で祝福です。人のことを喜んでいると自分にも回ってきます。直接よく知らない諸君もああよかったなあと言ってくれたことは何よりです。 大学入試には、一般入試のほかに、公募推薦、AO入試、指定校制度と言うのがあります。彼女の場合は指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試サクセスストーリー<受験は人生の通過点>                志学ゼミ田端進学教室

大学入試クラス。授業終了後、まずは英数の「サクセスストーリー」の提案がなされました。 今回は岩野(ひげの先生)率いる数学組の説明を紹介です。 「8月末」には「こうなっている」そのための「大きな流れ」ですね。 実は6月のセンター模試では何と数1Aが思わぬ苦戦?6割程度の塾内平均。確かに過去の模試のデータで平均45点のものだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まじめに取り組んでいるんだけれど<受験は人生の通過点>             志学ゼミ田端進学教室

まじめに取り組んではいるけれど成果が今ひとつのN君とお話をしました。 私は各講師からの報告を聞き、成績を見ています。試験前も一生懸命取り組んでいたN君のことが気になっていました。確かに彼は学校では国公立クラスに属しているため、理社も2教科あり大変です。クラスのレベルは上がり、進行も速く、内容も難しくなっていました。 中…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秘伝! 志学ゼミDVD講座 政経虎の巻公開!

 皆さんこんにちは!シガクゼミ政治経済&国語担当の曽和です。  連日のW杯で全く夏期講習の準備が進んでおりません。このままでは塾長に怒られてしまいます。しかし、しょうがない!だってW杯ですから。  日本対クロアチア戦を塾長と見たことも良い経験になりました。塾長は常日頃から必然性が大事だとおっしゃっています。その夜、とある蕎麦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英頻マラソンの反省会<受験は人生の通過点>                   志学ゼミ田端進学教室

本日は「英頻マラソン」毎月恒例になってきましたね。英頻を通してやるのですが、その結果は? 本日の目標は間違えが2桁になることでした。しかし残念ながら塾頭のT君からの報告では最高がT君の200でした。 今月2桁、来月50以下、そして8月は1桁というストーリーが崩れます 電話の向こうからすまなさそうな声がしました。「来週に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テスト、みんな忙しいよね。でも時間は作らないとね。               志学ゼミ田端進学教室

本日は定期テストのテスト対策についてです。中高とも二期制と従来道理の中間、期末の学校と別れています。まあ、誰かがテスト対策となっていますね。 確かに以前は中間、期末のシーズンという感じがありましたが、今は学校別、個人別にチェックすることが多くなっています。 テストは○日だから、ここまでは今週中にやろうとハッパをどの塾でもかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出来た問題こそ自らへのヒントがある<受験は人生の通過点>            志学ゼミ田端進学教室

今月の大学入試塾内模試(センターレベル)の英語でなんとリスニングを除く200点満点で 190点以上が2名、最高198点が出ました。みんな軒並みアップでしたね。 習うほうも教える方も「何故取れたのか」を考えることが大切です。双方の意見が一致しているとスムーズに進みます。 英文解釈ノートに問題を貼り込みながら、なぜこの設問はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高1、2生へ、考える勉強を始めよう<受験は人生の通過点>            志学ゼミ田端進学教室

高校生の定期テストも報告を受けています。高1、高2はテスト対策者、点数により特訓部屋を用意しました。数学は講師対生徒が1対5を原則としていますが、1対3、1対4までとしました。英語はTOEFL満点の鉄人(水谷先生)が全体授業ですすめます。 講師は「特訓部屋」ときくとしかめっ面をするものもいましたが、生徒は自分から望むものもいました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大学入試諸君へのコーチング<受験は人生の通過点>                志学ゼミ田端進学教室

大学入試諸君の塾長によるコーチングスタート。一人一人進めてまいります。私以外にも教育コーチを受けた講師は何人もいますのでご心配なく。 まずは先日から登場のキング。指示通りに、英文解釈ノート、なんでその答えを自分で選択したかの分析をして登場です。 浪人生のキングの悩みは「英語」をどう克服するかにテーマがあります。必死に英頻を覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塾のクラスとは<受験は人生の通過点>                   志学ゼミ田端進学教室

「やりぬく」には決意と気持ちの継続、実践が必要です。英頻一桁(間違え)への道が再度塾生の希望により日曜日に行なわれました。しかし前日欠席者があることの報告を受けました。さあ、どうした? 受験は確かに個人で行なうものです。しかし、各学年の各クラスにはその年その年のカラーがあります。何らかのまとまり、みんなでやりぬいていくものが必要だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の君は昨日の君ではない。日々進歩する君であれ  受験は人生の通過点 志学ゼミ田端進学教室

小さな塾だからこそ出来る事があります。毎月のセンター試験模試に対して、大学入試諸君にノートを作ってもらいました。その上で全体の反省会、問題の解説を行ないました。自分の 解答のプロセス(過程)を確認し、「ああ、そうなんだ」と自分で自分の解答の仕方を確認し、何故正解したのか、どうして間違えたかの「方程式」を作るのです。 どうして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

テストの分析は自己発見へつながる<受験は人生の通過点> 志学ゼミ田端進学教室

毎月のセンター試験模試の反省が続いています。単に今回は分かった、読めただけではいけません。なんで間違えたかの「分析」をどうしたらよいのか先日、大学入試クラスでは伝えました。 「点数が取れた」ときほど細かく分析して、その「必然性」を自分で「気付く」ことが今後に生きます。つまり、こうやってこう考えたからをもてるかどうかなのです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

テスト後のコーチング始まる <受験は人生の通過点 志学ゼミ田端進学教室>

中間テストを終えて結果が出た諸君から岩崎室長のコーチングがはじまりました。「答えは自分の中にある」なのです。 つまり成績が上がった時、テストが出来た時は「偶然」ではないのです。その「必然」をとらえておくと次に役立つばかりか、取れなかったとき、スランプの時に生かせるのです。 飛躍的に上がった中2Mさん。塾では間違えたところをそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違えは君の財産<受験は人生の通過点 志学ゼミ田端進学教室>

本年度第1回「英頻勝ち抜け」が、日曜一日かけて行なわれました。今回は青英頻の間違えが1桁以内が目標でした。高2生も果敢にチャレンジしました。 9時スタート。1冊すべて通すのですから2時間はかかります。なれたら1時間半でも可能です。鉄人曰く、「手は覚えていた」なのです。 午前中の結果から午後のやり直しが始まりました。 「…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自分をコーチする<受験は人生の通過点 志学ゼミ田端進学教室>

中学、高校の定期試験対策は学校別で進行しています。毎回のスケジュールで試験対策を行なってきましたが、ここで自分で自分を「コーチ」するとするとどうやった「スケジュール」をつくりますか? そうなんです。やらされているよるも自分でやるほうが楽しいしのです。ただスケジュール等偏りが生じますので、客観的な判断が必要になるのです。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復習の意味<受験は人生の通過点>志学ゼミ田端進学教室

大学受験生に英文解釈ノートの復習。要約の話をしました。大切なのは「意義」と「結果」ですね。 「英文解釈ノート」の復習をした回数を「正」という字をノートに記入し復習をすることを提案し実行しているのですが、回数が少ないのではと思いお話をしました。 ノートに問題文と解答をはっていますね。単語等の意味は文章には書き込んではいけません…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

満足したら伸びは止まる<受験は人生の通過点 ありがとう>

やったね部長(高校1年生Oさんのニックネーム)。校内で偏差90だって?「すごくない?」 高校一年生の読書ノートが終了した後のことでした。部長が私のところにやってきて校内実力テストを見せてくれました。 何と英数一番。数学の校内偏差は90を越えているのです。彼女の通う学校は中高一貫校の私立進学校です。 「勉強している人が少なか…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ストーリーは君の中にある。<ありがとう 志学ゼミ>

5月21日9時より「英頻マラソン」が行なわれます。これは、実は生徒からの企画でした。高1、高2諸君。我こそはと思うものは、自らの企画に名乗りをあげてみよ、といいたいところですが。次のステップを考ええるには「何」をしたらいい?と考えるものだけが先に進めます。 「待ってました」といいたいところです。K.T君からの提案でした。 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more