テーマ:ひたすら英文法

目標は早めにもとう!

さて、3月最初の授業では高校生活のスタート時点ということで、高1の学生諸君に各自の志望大学を尋ねました。以下は、そのやりとりです。 北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です 田端で36年の実績を持つ学習塾  志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進学先で大学はどこに行けるかは決まらない Part2

進学した高校のレベルで進学出来る大学は、決まらないのです。 進学先の大学のレベルを決めるのは本人の努力と運なのです。新高1生の中にも第1志望の高校に合格できず、泣く泣く第2志望かそれ以下の高校に進学せざるをえない諸君もいると思います。 鉄人もかつては、そうでした。奈良県のとある教育熱心な住宅街で育った鉄人の近所の同級生はみな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進学先で大学は決まらない。やるかやらないかだけだ!

新高1の諸君、高校合格おめでとう! 1年間の受験勉強、推薦入学対策等をのりこえ、晴れて高校生になれた新高1生諸君は、期待と希望を胸に毎日を過ごしていることと思います。 もちろん、高校は義務教育ではないため、高校生活は中学生活よりもより自由で、自立が求められます。 北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学と高校の英語の違い

今回は中学英語と高校英語の違いです。 高校の英語は、中学の英語とは量も質も異なります。覚えるべき知識は増え、学習内容はかなり難化します。 しかも、ただ黙々と学習して覚えるだけでは身に付かず、「勉強しているはずなのに、学力が上がらない」という経験もされることでしょう。 北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある生徒からの質問 ニュアンスについて

今回は最近受けた質問の中で非常に興味深かったものを紹介したいと思います。それは、「ニュアンス」についてです。皆さん、「ニュアンス」という言葉を耳にしたことはありませんか? 北区、荒川の学習塾、志学ゼミの鉄人こと水谷です。 田端で36年の実績を持つ学習塾  志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.inf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人のひたすら英文法の授業風景

志学ゼミで出版しております「ひたすら英文法」は授業で活用していますが、夏に向けてやり上げるものとして高校生は基本例文暗記に取り組んでいます。 高1,2生は金曜日、高3生は土曜日の授業の終わりにやり抜くことにしています。塾長自ら手を入れて作ったプリント(他塾にはCDで販売しています)がそこにあります。 まずは基本例文を訳しても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたすら英文法は書店でもお取り扱いをしていただいています

お陰さまで書店でもお取り扱いをしただけることとなりました。紀伊国屋さん、ジュンク堂さん、三省堂さん・・・ありがたいことです。現在、ひたすら英文法の例文書き換え問題集を作成中です。 先日、講習の合間に書店伺わせていただきました。そしてパソコンで「ひたすら英文法」と検索してみました。○階に置いてあることまで分かるのですね。嬉しく思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No11<「知っている」とthink「思う」は疑問文の形がどうして違うの?>

鉄人の大学入試英語攻略講座No11know「知っている」とthink「思う」は疑問文の形がどうして違うの? 高校二年生は英文法の基礎は一通り終わっていますので、その復習と応用が授業の中心になります。目標は、例えば標準クラスではセンター試験レベルで文法/語法項目は8割が取れるようにすることです。ただ、基本的な理解があやういのが目につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試行楽英語No10<自動詞と他動詞の見分け方>

みなさんこんにちは志学ゼミ高校部英語担当講師の鉄人です。今日は「自動詞」と「他動詞」についてお話しします。 高校1、2年生は金曜日、学校の英語の質問、学習時間を設けています。中間テスト対策もあり、金曜日以外にも対策用の補習をしました。 高校1年生のA君、S さんの学校では英語の文法授業がとてもマニアックです。教えている先生方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略法No9<冠詞について>

高校生は金曜日が学校の英語の質問日になっており、教科書の本文訳を進め、暗記した単熟語を水谷自作のチェックシートで確認し、まとめの総合問題に進む段取りで授業を進めています。この間、次のような興味深い質問を受けました。 Oさん「The book is costly「この本は高い」では book に theがつくのにどうして This …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略法8<英語的発想>

今日は英語的な考え方について触れてみます。「する」「される」は何となく使っていませんか?日本人がよく間違えがちな英語の表現ですがそれについてのお話です。 分詞」は「現在分詞」~ingと「過去分詞」~ed に分かれますが、その使い分けが日本人にとっては非常に難しいです。 基本的には「~している」が現在分詞、「~される/された」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法7<英語は外国語だ>

最近よく思う事ですが、どうも英語を日本語をベースにして考え、英語を英語として考えないために間違いをする塾生が多いようです。もちろん我々は日本人ですから、英語を読んだり書いたりする場合も日本語の影響がでてしまうのは仕方のないことですが、「英語は日本語とは違う」という意識がどうも希薄になってきているようです。 例えば、学生の英語の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたすら英文法が必要になった理由

塾向けのセミナー(勉強会)があるのですが日曜日に参加してきました。そのなかで「ひたすら英文法」の説明をする時間も頂きました。皆さんと同じで説明を繰り返すうちにまだこれが足りなかったなあと反省をすることが出てきます。 今回は再度、鉄人と「ひたすら英文法」の話をしました。著者の意見ですね。分かっていると思っていたことが抜けていたんだな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたすら英文法を通しての出会い

自塾で使ったものを皆様に紹介する場をいただきましてお話をさせていただきました。どんなものが必要とされているのかは自分のところだけではわからないことが多いからです。そうしてまた気付きをいただくのです。そうしてまた新たな方との出会いの中で学びがあるのです。 日曜日に新宿でそういった機会をいただきましたので少し話をさせていただきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたすら英文法・更なるものへ

毎日、岩野講師を中心に「ひたすら英文法」のDVDの見直しを進めています。これで完璧というものを目指しておりますが見直しても見直しても正直なところミスは出てきます。そのたびごとにチェックし修正していきます。 全国の10のモニター塾の皆様から寄せられたアンケート、こうしたらいいという意見を取り入れながら進めております。その中での気付き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more